kindle unlimitedついての雑感・ラノベ編


ブログを更新するネタが思いつかないので、ライフハックもどきに手を出すという醜態。言い訳をするなら、kindle unlimitedの使い勝手が最高になったときが、物語系創作物を扱っている日本の出版社が完全にアマゾンの軍門に下ったときであり、その途中経過を記録しておくのも多少は意味があるのではと思った次第。

8月18日現在の話をすると、ラノベジャンルは2644件中、キルタイムコミュニケーションが578件、フランス書院が406件を占めていて、二次元ドリーム文庫美少女文庫のいわゆる男性向けジュブナイルポルノ勢(海王社も7件ある)が二大巨頭として存在感を占めている。

次にくるのがプランタン出版(フランス書院とも言う)の222件でこちらは女性向けのジュブナイルポルノ*1、194件のスターツ出版は和製ハーレクインだと理解しておけばまず間違いないだろう*2

要するに現状のところ半分はエロ小説である。おすすめのジュブナイルポルノを書くのはただの性癖暴露なので、現象として面白いものを一つ上げておくと、竹内けんのハーレムシリーズなどは世界でも珍しい官能小説群ではないかと思う。
その次に来るのが小学館の177件で、こちらは全てガガガ文庫ということになる。一巻目を無料にして、2巻目からは有料という方針が基本的には取られている。*369件のホビージャパンHJ文庫、68件の講談社ラノベ文庫なども同様の戦略を採用しているので、これから新規に電撃、富士見、スニーカーあたりがラインナップに加わてきた場合でも、しばらくは一巻のみ無料という形がデフォルトになるのではないかと予想される。
その中で異彩を放つのが一迅社80冊のうち、11冊を占める『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件』シリーズなのだが、他のラインナップの大半が少女小説系の一迅社アイギス文庫を出典にするところから見て、敵罪適所という言葉が頭を過らないでもない。
59件のフロンティアワークス、45件のマイクロマガジン社、58件のToブックス*4なんかはWeb小説を書籍化したものがメインで、こちらは一巻目だけ対象なのではなく最新作の一つか二つ手前まで無料になっているケースが多々見受けられる。あとWeb小説ではないけど、オーフェンシリーズも大盤振る舞いされている。

個人的な意見としては、Web小説を守備範囲に収めないラノベ読みは、月1000円分古本屋で100円台のラノベ背取ってた方が、現状では満足度が高い。既に絶版になっている作品たちが加ってくるかが今後の鍵になるかとは思う。円城の『プロローグ』とか読んだ感じだと、絶版した古めの本を電子書籍化するのは単純に作業コストだけを見ても、なかなか大変そうなので、遡って2、3年が限界というような気もするが。

おそらく小説編か漫画編に続く。

*1:35件のコスミック出版も似たテイストか

*2:56件のイースト・プレス、50件の竹書房はざっとみた感じファンタジーものも現代ものも両方やっている様子

*3:鳥葬シリーズとか全部読めるが

*4:出版社項目にはないが一定数あるので